HOME
 鍼灸のご予約は 予約方法
   名古屋市立大学病院、名古屋市博物館のすぐ南
   市営地下鉄『桜山』『瑞穂区役所』駅7分
   名古屋駅から院まで地下鉄利用で27分
   市営バス『博物館』停留所3分
   名古屋市瑞穂区の鍼灸院

名古屋市瑞穂区の膝関節痛鍼灸院 更紗(さらさ)はり灸院で笑顔のあしたを!

HOME > 他の適応症状 > 膝関節痛

膝関節痛の患者さまを全力でサポートします

 膝関節痛

膝関節痛の女性膝が痛いと辛いですね。椅子から立ち上がるだけでも痛い。買い物に行くのも気が滅入る。膝をかばって歩くから他のところまで痛くなってしまう。お友達と出掛けたくても迷惑をかけてしまうのでお誘いを断ってしまう。痛みのない生活に戻りたいですね。鍼灸はそんなあなたのお力になれます。

膝関節痛の症例

急性の膝関節痛,慢性の膝関節痛いずれも、ほとんどの患者さまが1回目の施術直後に症状の改善を自覚されます。

軽度の急性膝関節痛

膝関節痛になる直前2,3日のあいだに『長い時間歩いた』『下半身を冷やした』『下肢を使う運動をした』などの原因があり、痛みはあるが膝関節はほぼ正常な範囲で動かせる場合は、太ももの筋肉や膝周囲のじん帯などが緊張したままになっているために膝に負担がかかり痛みが出ています。また、変形性膝関節症のごく初期のこともあります。

膝関節痛になる直前にとくに思い当たる原因はないが、『階段を降りるとき痛い』『動かし始めが痛い』『正座がしづらい』などの症状が出てきたときも、変形性膝関節症が疑われます。

施術はまず、うつ伏せで腰から太もも・ふくらはぎにハリを打ち数分おきます。状況によって腰にお灸をします。次に、上向きで太もも,膝,膝から先にハリを打ちふたたび数分おきます。その後、必要に応じ太もも・膝関節のストレッチを行います。

施術は週に1,2回行います。変形性膝関節症などがかくれていなければ1,2週で終了しますが、変形性膝関節症などの場合は1,2ヶ月ほど様子をみながら継続します。

重度の急性膝関節痛

膝関節痛になる直前に『走っていてグキッときた』『激しい運動をした』『膝をぶつけた』などの原因があり、『膝関節が途中までしか伸ばせない』『じっとしていてもひどく痛む』『1,2時間の間に急に膝関節が腫れてきた』という症状がある場合は関節内で重度の損傷を受けている恐れがあるため、まずは整形外科を受診されることをお勧めします。

『動かすときだけ痛い』『翌日の朝腫れていた』という程度であれば、当院でみさせていただくことは可能です。また、整形外科受診後、急性期の激しい痛み・腫れが治まってからの対応は当院でもできますのでご相談ください。

施術は軽度の膝関節痛とほぼ同様ですが、症状に応じて膝のハリは打たない場合もあります。

施術は週に1,2回行います。施術期間はまずは2ヶ月~とお考えください。

慢性の膝関節痛

以前に膝関節を痛めたところが再発したきた、以前から変形性膝関節症をわずらっていて最近痛みがひどくなってきた場合などは慢性にあたります。

原因の疾患により痛みの成り立ちはさまざまですが、太ももの筋肉が緊張して膝に負担がかかっていることが多くみられます。代表的な変形性膝関節症の場合では、膝関節の軟骨が擦り減り周囲に炎症をおこしていることもあります。

施術は原因疾患、痛み、腫れの程度により変わりますが、おおむね急性期の施術に準じます。

施術は週に1,2回を継続して行います。慢性の膝関節痛の場合は、患者さまご自身の努力も大切です。『適度な運動をする』『太ももの筋肉を鍛える』『体重を減らす』などにより痛みの出にくい膝にしましょう。

膝関節痛の症例

花飾り

更紗はり灸院

〒467-0017
名古屋市瑞穂区東栄町3-4-1
サクラ東栄レジデンス1F

院の正面外観
電話番号
メール予約できます
予約とアクセス

◇営業時間

  〇午前9時~12時
  〇午後3時~8時
   (土曜日は~6時)

◇休業日

  木曜日、日曜日
  祝日は営業します

◇駐車場あり

予約とアクセス

地図

 名古屋市立大学病院、
 名古屋市博物館のすぐ南です
 市営地下鉄
 『桜山』『瑞穂区役所』7分
 名古屋駅から院まで27分
 市営バス『博物館』3分