HOME
 鍼灸のご予約は 予約方法
   名古屋市立大学病院、名古屋市博物館のすぐ南
   市営地下鉄『桜山』『瑞穂区役所』駅7分
   名古屋駅から院まで地下鉄利用で27分
   市営バス『博物館』停留所3分
   名古屋市瑞穂区の鍼灸院

名古屋市瑞穂区の鍼灸院 更紗はり灸院 自律神経失調症の症例

HOME > 症例 > 自律神経失調症の症例

自律神経失調症の患者さまを全力でサポートします

 自律神経失調症の症例

自律神経失調症の詳細

ガッツポーズの女性
不眠症、50代、女性の患者さん。

2ケ月ほど前から不眠が続いている。それ以前、10年ほど前からいろいろと調子が悪い。大学受験を控えたお嬢さんがいらして、おふたりともナーバスな状態がつづいていて精神的に参ってしまっているようす。いろいろ思い悩むことも多いはずです。

身体の状態をみると、脈も弱く身体全体に精気がない感じ。自律神経の乱れがつづいて身体が参ってしまったのでしょう。疲労回復をねらいつつ自律神経を整える鍼をしていく。しばらくは週2回で進めることにする。

最初の施術の夜から眠れるようなって喜んでいただけた。ただ2週間ほどすると眠りが浅い気がしてきて昼間がボーっとしてしまう。もともとのストレスがなくなったわけではないので、施術しながらどんな悩みなのかお話だけでも聴かせてもらう。

施術しながらおしゃべりを3週間ほどつづけたところで良く眠れるようになって、少し元気がでてきて調子が良いとのこと。脈も平常になっていたので週1回に減らしてみる。その後2回施術したところで終了。

1ケ月たっても特に連絡がないので落ち着いているのでしょう。このまま穏やかに過ごせることを祈っています。

倦怠感,喉のゾワゾワ感,首のほてり、30代、男性の患者さん。


3週間前に倦怠感,喉のゾワゾワ感,首のほてりなどの症状が改善して一度終了した患者さん。2週間ほどで症状が戻ってきてしまい再度いらしゃいました。

身体の状態をみると、最初にいらしたときほどではないが自律神経の乱れ,免疫系の弱り,血行不良がある。前回は症状がなくなって患者さん自身も大丈夫とのことでしたので早々に終了しましたが、今回は症状がなくなってもしばらく様子を見る期間をもうけることで同意。まずは鍼灸を週1回でしていくことにする。4回施術したところで概ね改善したので2週間おきに延ばす。さらに3回施術して3週間おいてみる。症状はほぼ無くなったのでこれで様子をみることにしました。

置かれている環境や状況に対するご本人の反応が身体に現れるものなので、これでもう大丈夫と言い切れるものではありません。うまく乗り切っていただけることを祈っています。

顔面の違和感、50代、 男性の患者さん


4年前に顔面神経麻痺で通ってくださった患者さま。麻痺が再発したとご来院されました。頬から口元の動きがおかしい、何か乗っかっているような感じだと訴えられます。反対側の口元も変だとのこと。ただ、みても特に麻痺が再発しているようすはなく、お話をうかがうともうずいぶん長い間お休みが取れていなくて心身ともにストレスが溜まっているらしい。自律神経の乱れでもともと弱りのあった顔の方に違和感程度の異常が出てきたと判断しました。

自律神経を整える鍼施術を3回して違和感も少しずつ減ってきました。

早くちゃんとしたお休みが取れると良いのですが‥。

顔面の違和感、30代、男性の患者さん。


1年前に顔面神経麻痺でいらして以来、夜眠れない,麻痺側の顔に違和感が出てきた,下肢に痛みが出てきたなど、いろいろなお悩みで来てくださる。どれも根っこに自律神経失調はあるように思える。今回は左の背中がキューッとなってきてから麻痺のあった左顔がおかしいとのこと。顔の動きそのものは見た目にまったく問題ない。

高ぶった神経を落ち着ける鍼と、左背中の硬直を和らげるようにして終了。

2日後、前回から違和感はないが心配なのでとのことで来院される。背中の硬直は前回よりもずいぶんと柔らかくなっている。もう一度同じ処置をして終了しました。

建築関係のお仕事でずっと忙しい状態が続いているそうです。限界になる前にギブアップしてくださいね。

倦怠感,喉のゾワゾワ感,首のほてり、30代、男性の患者さん。


2ヶ月半前に扁桃腺摘出の手術を受けて2週間ほどして明日から職場復帰という夜に、急に不安感と倦怠感,喉のゾワゾワ感,痰がからむような感じ,首のほてり,口渇,動悸,肩こりなどに襲われる。病院を受診して自律神経失調症と診断されて薬を処方される。アップダウンしながら回復してきてはいるが、東洋医学のほうが合っているのではと思って当院に来院くださいました。

身体の状態をみると、自律神経の乱れの他にも、免疫系の弱りとストレスが原因の血行不良もあるようす。それらを手当てする鍼灸を週1回でしていくことにする。多少の波はあるものの施術ごとに少しずつ症状が落ち着いていく。1ヶ月半、7回施術したところで症状はほぼ無くなったので終了にしました。

仕事の大事な時期でもあったので、安心して取り組めるようになって良かったですね。

過敏性腸症候群、40代、女性の患者さん。


30歳ころから頻便,頻尿が気になりだした。メンタル的な症状も同時期からなる。34歳で結婚・退職して落ち着いていた。1年前に今の仕事を始めたが、半年前ころから再び頻便,頻尿が出てきたとのこと。

自律神経を整える鍼灸を週1回で始めた。施術後、何となくトイレが気にはなるものの、症状は落ち着いてきたようす。

4回施術したところでご来院がなくなったので、しばらくしてからお問い合わせしてみると、その後も症状が落ち着いているので様子をみているとのことでした。

ストレスが元になっているものなので、いろいろな問題とうまく折り合いを付けていけるといいですね。

不眠症、30代、男性の患者さん。


以前に顔面神経麻痺で通ってくださった患者さん。今回は夜眠れない,疲れが取れない,背中が張るなどの症状でつらいとのこと。身体をみると腹部が全体に緊張していて、自律神経が高ぶったまま静まっていないようす。

自律神経を整える鍼をして3日後にまた来てもらうことにする。3日後、寝つきは良くなったが早朝に目覚めてしまうとのこと。自律神経を整えるのに加え、血流のとどこおりを改善する鍼をしてようすをみてもらう。

その後ご連絡がないので落ち着いたのでしょう。ストレスを受けやすい性格なのでしょう。うまく発散できるようになれるといいですね。

慢性疲労症候群、30代、男性の患者さん。


6年ほど前から原因不明の慢性疲労を発症。
全身におもりが付いているかの疲労感、昼間の強い眠気、繰り返す微熱などがあり、生活や仕事に支障をきたす。
数件の病院で検査するも異常は見つけられず。

問診や背中のツボの状態から、おもに脾胃(消化器系統)に問題があることがわかったので、脾胃を中心に全身を鍼灸施術をする。

1回の施術で今まで初めてと思われるくらい身体が楽になる。
週1、2回でしばらく続けていく。


慢性疲労は原因不明で、他人からみて目に見える異常がないため理解されにくく、ともすると怠けているとも受け取られるので当人にとって非常に辛い病です。

西洋医学の検査では検出できない身体の異常をみつけて、根気良く鍼施術していけば普通の生活を送ることが出来るようになります。

自律神経失調症の詳細

花飾り

更紗はり灸院

〒467-0017
名古屋市瑞穂区東栄町3-4-1
サクラ東栄レジデンス1F

院の正面外観
電話番号
メール予約できます
予約とアクセス

◇営業時間

  〇午前9時~12時
  〇午後3時~8時
   (土曜日は~6時)

◇休業日

  木曜日、日曜日
  祝日は営業します

◇駐車場あり

予約とアクセス

地図

 名古屋市立大学病院、
 名古屋市博物館のすぐ南です
 市営地下鉄
 『桜山』『瑞穂区役所』7分
 名古屋駅から院まで27分
 市営バス『博物館』3分